歯科医の平均年収

2016年07月15日 16:28


これから歯科医になろうと思っている人にとっては、最も大切なのがお給料ですよね。

普通の医師などと比べてどれくらいもらえるのか

普通の医師などと比べてどれくらいもらえるのか、サラリーマンと比較した場合にはどうなのか、とても気になるポイントだと思います。

さて、結論から行けば、院内勤務の場合には、38歳の働き盛りの方で平均年収が約650万円というデータが出ています。

一般的な医師などと比べると少し低い水準ではあるものの、それなりの金額ではないかとも取れます。

もちろん、勤務医として働いている場合には、その職場の形態等によってもある程度の開きがでてきますので、あくまでも一般的な平均値だと考えて頂ければと思います。


早い段階から先々のことを考えておく

では、続いて開業医の場合にはどのような数字となるのでしょうか。

これはもちろんその開業医の方の能力によって大きく変わります。

開業となると、ただ歯科医としてのスキルが高いだけでは上手くいきません。

同時に経営に関する能力も問われてくるからです。うまく経営をしている方の場合だと、年収が1000万円を超える人が多いというのも歯科医の特徴でしょう。

院内勤務と比較した場合には、開業医の方が平均年収が高くなることは多いものですが、時代もシビアになってきていますので、とにかく開業すればいいというわけにはいきません。

そのためにも、早い段階から先々のことを考えておいても損はないでしょう。



  • 1