転職を考え始める年齢


2016年10月16日 16:48


歯科医として既に働いている方にとって気になるのが、次のキャリアではないでしょうか。

転職を考えだす平均年齢とは

特に始めの就職からみて、最初の転職に関してはキャリアアップが目的になるケースが多いように思います。

では、歯科医の皆さんがキャリアアップによる転職を考えだす平均年齢とは一体どの時期となるのでしょうか。

これについては、35歳程度と言われています。

この時期に転職のこと、留学を考えるのか、あるいは開業を目指すのか、女性の歯科医であれば結婚や出産、または親の介護など、様々なことが重なってくる時期でもあります。

そういった社会的な側面からみても、35歳前後の頃に次の目的地を再設定される方が多いようですね。


収入を増やす方法が転職なのか、開業なのか

あらかじめ、大学自体から先の事を検討していたような方であれば、最初の転職となる時期はもう少し早くなるかもしれませんが、いずれにしてもこれぐらいの時期に新たなキャリアアップを目指すことはとても自然なことと言えるでしょう。

キャリアに関しては、これまでの働き方によって行く道は大きく変わってくると思いますが、最も多いのは自身の収入を増やすための転職です。

家庭を持つ方、老後のことを現実的に検討する方が増えてくるので、これも自然なことのように思います。

ただ、その収入を増やす方法が転職なのか、開業なのか、という点で人によって大きく変わってくるはずです。

スポンサーリンク